質屋ってどんなところ?

昔の質屋さんは路地裏にあり、お金に困っている人がこっそり利用するというイメージがありました。

質屋に品物を持っていき、品物を預ける代わりにお金を工面してもらうのですが、大切な物を預けた場合は期限までに返金しないと質流れとなり、他の誰かに買われてしまう事もありました。

期限内に返金すれば質預けをしていた品物は返してもらう事ができます。

つまり品物を担保にしてお金を借り、期限までにお金を返せば担保は戻りますが、返せない場合は担保を失う事になるのです。

人によっては最初から換金目的で利用する場合もあります。

今は質屋のイメージも様変わりしてきており、池袋にもいろいろなスタイルの質屋さんがあります。

▼例えばこちら⇒須賀質店(池袋営業所)アクセス

ブランドショップかと思ってしまうくらい、店内にはブランド品が並んでいる池袋の質屋さんもありますが、これはブランド品買取を専門にしている質屋さんです。

一般的には新品を購入した時よりも若干安い価格の買取になりますが、人気ブランドの人気商品によってはブティックでも入手困難で、何年も予約待ちをしなければいけないバッグなどもあります。

こういったバッグは高値で買い取ってもらえますので、質屋にバッグを買い取ってもらい、新しいブランド品の購入資金にする事ができます。

今は昔と違い質屋さんの雰囲気も明るく、人気のある質屋さんは大きな店舗を構えているので知らなければ質屋とは気づかないほど気軽に利用できるようになっています。

昔のように質預けのシステムも残っていますので、目的に応じて使い方も選べます。